ここから本文です

建築で働いている方

企業の方

「建築業におけるBIM導入研修(施工版コース)」の受講者を募集を終了しました!

2022.10.19 研修

受講者は少人数! 講師陣がきめ細かに対応、丁寧に教えます!

建築設計・施工(設備を含む)の生産性向上推進のため、BIM(Building Information Modeling)の導入促進を目的として、建築業及び建築設備業に携わる実務担当者や県内高等学校工業科教員等を対象にしたBIM導入研修を開催します。
貴重な機会ですので是非、お申し込みください。なお、本研修は建築CPDプログラム認定申請を行います。

開催・募集案内

建築業におけるBIM導入研修(施工版コース)

目的 BIMの基本知識を学ぶとともに、BIMソフトウェアでのモデリング・施工計画を体験することで施工分野でのBIM導入推進の契機とする。
開催日 令和4年12月1日(木)
時間 9:30~16:30
(受付9:00~)
会場 岐阜県立国際たくみアカデミー 実習棟2階 情報処理室
(美濃加茂市蜂屋町上蜂屋3545-3)
使用ソフトウェア Archicad(GRAPHISOFT)
smartCON Planner(Global BIM)
対象者 岐阜県内で建築業及び建設設備業に携わる実務担当者、県内高等学校工業科教員等
受講料 無料
CPDプログラム単位 6単位(予定)
定員 12名
申込期限 令和4年11月24日(木)
申込方法 メール、FAX、ウェブサイト
主催 ぎふ建築担い手育成支援センター(岐阜県都市建築部公共建築課)
電話:0584-71-7360
FAX:0584-71-7361
メール:kenchikuninaite@govt.pref.gifu.jp
ウェブサイト:https://kenchikuninaite.pref.gifu.lg.jp/
募集案内など

このような方におすすめします

BIMは、属性情報(形状、強度等)を持つ部材や設備等の3DモデルをPC上で組み立てる設計技術です。当技術の導入により、構造計算や部材積算などの設計作業や、施工中の資材管理、完成後の修繕など、建物のライフサイクルを通じての情報の利活用が可能となり、飛躍的な業務効率化につながることが期待されています。
また、今回の研修は仮設計画をつくる工事施工者向けのBIM操作研修となっています。 なお、少人数の12名とし、講師陣がきめ細かに対応、丁寧に教授することで BIM操作をより確実に学べる研修となっています。

これまでの受講者の声

  • テキストを事前にダウンロードし読んでみても分からない箇所が多く困ったが、実際に研修でBIMを操作してみてよく理解できました。研修では、マニュアルにない操作についても知ることができ勉強になりました。
  • 細かく分かりやすい説明で、操作しやすかったです。建築図面が書けて楽しかったです。
  • 非常に良い研修でした。新入社員にもぜひ参加させたいです。