ここから本文です

建築を学んでいる方向け

建物ができるまで

躯体工事

鉄筋・型枠

基礎工事と同様に、柱や梁、床などの骨組みとなる鉄筋を組み立て、コンクリートを打設するための型枠を建て込みます。
梁などの型枠を支えるため、パイプサポートと呼ばれる支柱を用います。
※写真は1階躯体工事(施工途中)の様子です。

コンクリート打設

ミキサー車で運搬してきたコンクリートをポンプ車で汲み上げて、流し込んでいきます。
設置した鉄筋や型枠がズレないように注意しながら行います。
また、コンクリートは時間が経つと固まってしまうため、作業にかかる時間にも気をつけなければいけません。
注入したコンクリートは隅々までいき渡るよう振動を与えながら均していきます。

脱型

準備中

上から見た建築現場の様子

2019.06.13撮影

2019.07.29撮影